株式会社Rubah4 presents

ハイビスカスの花

インドネシアと日本に愛の循環を促し、互いがより豊かな生活になることを目指しています。

 

Rubah4ルバーフォーは、インドネシアと日本に愛の循環を生むことを目指して、
インドネシアへの社会貢献性を重視した商品を扱うオンラインショップです。


インドネシアを支援し、インドネシアから学ぶ



インドネシア人は日本が大好き。
世界一の親日国家と言われています。
一方で、インドネシアがどんな国か知っている日本人は多くありません。

これを書いている私自身、インドネシアに住んだ際にそう感じました。
ある時、インドネシア人に言われたことがあります。
「私たちはこんなに日本のことが大好きなのに、なぜ日本人は私たちのことを知らないの?」と。

Rubah4は「互いに与え合う」ことが、信頼関係に必要だと信じています。
一方的な関係ではなく、インドネシアと日本が両想いになる手助けがしたい。
そんな想いで、「愛の循環」をコンセプトにオンラインショップを運営しています。

 

インドネシアを学ぶ、インドネシアから学ぶ

日本がインドネシアから学べることは、3つの視点から眺めることができます。


個

豊かな人生観

インドネシア人は、家族や宗教のための時間を大切にします。
忙しさに疲れたら、インドネシア人に習って「ゆったり生きる」を意識してみる。そこには豊かな人生観があります。

社会

多様性の中の統一

インドネシアには300以上の民族がいるとされていますが、統一国家として早70年。
「多様性の中の統一」が実践されています。
これは、インドネシアで大切にされている考え方。
これからのグローバル社会で、「多様性の中の統一」から学べることがあるのでは?


国

日本との深い繋がり

日本は、インドネシアにとって最大の輸出国の一つ。
中国に次いで第2位の輸出先国であり、エビ、マグロ、銅、ゴムなど多くの品目で第3位までに入っています。(2017年8月現在)
また、日本はインドネシアの独立に深く関わっていますが、あまり知られていません。
インドネシア独立宣言後に攻めてきたオランダを追い返すのに一役買った元日本兵は現地で英雄と呼ばれ、ジャカルタの英雄墓地に埋葬されています。

 

インドネシアを経済的に支援する日本からインドネシア

Rubah4は、インドネシアの現場生産者や環境保護に貢献する商品を扱います。
各商品のストーリーは違えど、インドネシアを応援したいという想いは一つ。

インドネシアが抱える、地域の貧困や自然破壊などの社会問題。
私たちが社会貢献度の高い商品を選ぶことで、持続可能な支援に繋がります。

商品を手にするあなたがハッピーになることはもちろん、
現場の生産者や動物、自然もハッピーになる。
そんな、やさしい世界のために。



Rubah4に込めた想い

Rubahルバー」はインドネシア語で変化、変える、変わる、変える人、の4 つの語幹であり、稲作の神であるキツネも意味します。
4には、「FOR」の意味も込めました。

私たち株式会社Rubah4 は、世の中をちょっといい仕組みに変える人、
「Perubah」になりたい と思うメンバーが賛同して創業した会社です。

あなたもRubah4と一緒に「Rubah」しましょう!



ロゴマークはキツネの形

カテゴリーから探す

営業日のご案内

2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

コンテンツ